は行(は〜ほ)から始まるオートバイ関連の専門用語を掲載しております。

バイクの用語集「は行」では「は〜ほ」で始まる専門用語をご紹介いたします。

あなたのバイクを無料廃車いたします!

日本全国回収可能

あなたのバイクを無料廃車いたします


バイク用語集

バイク廃車店.jp>は行(は〜ほ)の用語集

バイク用語集 あ行

は〜ほで始まる【は行】のバイクの専門用語を集めて掲載しております。用語調べなどにぜひご活用ください。

Hydraulic Conbi−Brake System
ハイドロ・コンビ・ブレーキ(ホンダ):右ブレーキレバー操作では、前輪ブレーキが作動。左ブレーキレバー操作では、前輪ブレーキが後輪ブレーキと連動して作動する。ブレーキ操作の補助機能。
排気音(exhaust note)
エンジンの燃焼騒音がマフラーで消音しきれずに出る音と、排気ガスの流れのため排気系内部やテールパイプ後端で気流の乱れにより発生する音に別れる。排気音を楽しむ人にはエキゾーストノートそう感じない人にはエキゾーストノイズ(exhaust noise)と、使いわけましょう。
排気干渉(exhaust)
気ガスの流れに強弱があり、エキゾーストパイプの集め方が悪いと流れの強いところがぶつかり合い、スムーズに流れなくなる現象。
ハイドロプレーニング(hydroplaning)
水のたまった路面を高速走行するとタイヤが水を排除しきれず、タイヤと路面の間に水膜が発生しタイヤからの伝達力が路面に伝わらなくなる状態。
パーコレーション(percolacion)
エンジン温度が上昇し、フロート室内のガソリンが沸騰して吸気マニホールド内に流れこむ事により、混合気が過度に濃くなってエンジンがストールしてしまうこと。
バーチカルツイン(vertical twin)
並列2気筒エンジンで、シリンダーが垂直に立っているもの。バーチカルツインはエンジンの外観に落ち着きとか力強さがありますが、構造上スピード感、エンジン全高からの重心位置などに問題があり日本製ではエンジンを前傾にさせています。エンジンの全高が高いとステアリングステム位置も決まってしまいますのでフレームの骨格、バイクの外観も有る程度決まってしまいますね。トライアンフ、BSA,ノートンなどはバーチカルツインを用いた素晴らしいバイクがあります。国産ではW650、TX650ですかね。
パスカルの原理(pascal)
『密封した液体の一部に圧力を加えると他の全ての箇所において同じ圧力が生じる』これがパスカルの原理です。バイクでもこの原理は利用されており身近にあるものが油圧ブレーキです。。ブレーキレバー、ブレーキペダルを操作すると直結してある小さな筒のピストンが押され圧力を発生します。発生した圧力はブレーキラインを通り大きな筒のピストンを押し出します。この時の力は筒の面積比の大きさになるので少しの力のブレーキ操作で大きな制動力を出す事が出来ます。
バスタブ型燃焼室(bathtub type combustion chamber)
洋式の風呂桶のように細長い箱型をした燃焼室のことで、バルブはピストン上面に対して直角に位置することになり、バルブの大きさは限定されてしまう。機械化工上、製造するにあたりコストを抑えられる為に以前は多く使用されていたらしい(宮本は知らない、、、)燃焼状態が高速になるとあまりよくなく、高回転型のエンジンとしては使用できない。
パターンノイズ(patern noise)
トレッドパターンガ原因となり発生するタイヤノイズのこと。タイヤが路面に接する際、トレッドパターンの溝の部分が繰り返し変形する。その時、溝に挟まれた空気のエアポンピング作用による音と、溝のために生ずるトレッド剛性の周上変動が接地面内で複雑に加速減となって発生する音の2つがパターンノイズの原因です。
バックファイヤー(back fire)
吸気系統内で、混合気が爆発的に燃焼する現象。空燃比の薄すぎ、点火時期の遅れ過ぎなどが原因で、シリンダー内の燃焼が緩慢となりインテークバルブが開いた時にも燃焼が続いている為に吸入中の混合気に燃焼が移ってしまう。冷間始動時や暖気中の加速時に起こりやすい。
バルブクリアランス(valve clearance)
燃焼室の弁(バルブ)はエンジン温度により膨張伸縮します。この伸縮により燃焼室の気密が保てなくなるのを防ぐためバルブとバルブ駆動装置の間にクリアランス(隙間)があらかじめ設定してあります。これをバルブクリアランスと呼びます。エンジン温度が上昇するとクリアランスは大きくなるのが一般的ですがエンジン構造によりクリアランスが小さくなるものもあります。また、吸気側より排気側のバルブが排気ガスの温度の影響を受けやすいのでクリアランス変化も大きくなります。
バルブサージング(valve surging)
バルブスプリングの固有振動数とバルブリフトカーブの振動数の一つと一致した時に起こる共振現象。コイルスプリングが激しく振動し、固有振動数が低いほど低回転で発生する。
バルブシートリセッション(valve seat recession)
バルブシートが磨耗し、バルブが沈む事。バルブシートが減っているのは見た目に分かりにくいですがバルブ側が減っているのは一目瞭然で分かります。燃焼室の気密が保てなくなり冷間時は特にエンジンの調子が悪くなります。
パワーウエイトレシオ
馬力当たり荷重のことで、kg/psで表示する。この価が小さければ小さいほど高性能な車になります。たとえばGP500やモトGPは約200psで130kgとすると、0.65と言う価になります。市販車の場合は大体3〜5ですが最近は1に限りなく近くなりつつあります。実走行では車体重量にライダーの体重が加わるので、同じパワーウエイトレシオでもより車重の軽い小排気量の方が影響を受けやすく、性能が低くなってしまう。車重の低い場合は、あまり基準にはしにくい数値ともいえる。
半球型燃焼室(hemishpherical combustion chamber)
球を半分にしたような形の燃焼室形状。メリットは、バルブの開口面積を大きくとることが出来る、吸排気ポートの曲がりが緩やか、バルブの冷却効率が良い、燃焼室形状としては理想的のようです。多くの2バルブエンジンではこの形を採用しています。
ハンチング(humting)
エンジン等の回転速度の乱調状態を言い、一般的には周期的な変動が誘発持続する現象。
ひきずりトルク(drug torque)
駆動系の回転抵抗のことで、無負荷状態の駆動系を回転させるのに必要なトルク。ギアの噛み合い損失、オイルの撹拌抵抗、ベアリングの摩擦損失、ブレーキのひきずり抵抗等が含まれる。
BBDC
ピストンの下死点前を示す。BBDC5度はピストンが一番下に下がる手前5度(クランク角)のこと。=Before Bottom Dead Center
BTDC
ピストンの上死点前を指す。BTDC12度はピストンが一番上に上がる手前12度(クランク角)の事。=Before Top Dead Center 主に点火時期をあらわす時に使われる。
ピストン打音(piston slap)
エンジンのシリンダー内をピストンが上下運動する際に、ピストンの上死点付近でピストンの首振り的な運動によって、シリンダー壁を叩いて出る音。
ビジネスバイク(buisiness bike)
実用的に荷役運搬に使えるようにつくられたバイク。荷物を積むために51cc以上でもリアシートはなく、しっかりした荷台が標準装備となっているのが特徴。ハンドルは幅広く、アップハンドル並みの高さになっているが、操縦性よりも疲れにくいポジションを取れるように配慮された曲がりになっている。タイヤ径も16〜17インチとスポーツバイクよりは小径で、車格の割には荷物重量を考えて太めのものをはいている。現在では50ccから125ccまであるが、60年代には250ccもあった。車体色は黒などが多いが、目立たぬ働き者バイクと言える。ホンダのスーパーカブがその代表である。
ビックシングルエンジン(big−single engine)
500ccや600ccなど排気量の大きい単気筒エンジンの事。単気筒エンジンの場合は排気量をあげると振動やエンジンの始動性に問題があり高速走行を多く行うツアラー系の車輌には問題があります。しかし今はエンジン製作技術の進歩でバランサーや強力セルモーター等のおかげで出現を可能にしています。
ビルダーメイドバイク(builder-made bike)
日本では大企業にしか製造権利を実質的には与えていないが、アメリカやヨーロッパでは、バイクの製造に対し規制が少ない。フレーム及び資金的に可能ならエンジンまで勝手に作っても、問題なくナンバーが取れる。販売されているエンジンを流用してフレームやタンクを自作し、1台のバイクを製造してしまうのがビルダー。このビルダーが成長してある程度の会社になったものでは、イタリアのビモータが有名。名も知れない数台だけのバイク製造ビルダーがヨーロッパには多い。
ピレリ PIRELLI
創業90年以上の長い歴史を持つイタリア発祥のタイヤメーカー。モータースポーツでの初勝利は1907年のパリダカールラリーで、現在もWRCを始めとするモータースポーツに積極的に参戦。現在はタイヤ製造販売以外にもグループとして通信ケーブル&システム、エネルギーケーブル&システム、不動産業なども展開している。
ビンテージバイク(vintage bike)
ぶどうの収穫=ビンテージなのだが、実り、熟した良き時代のバイクという意味合いのようです。一般的に戦前から1955年式ぐらいまでのバイク全体、又はいかにもバイクの武骨さと気品さを兼ね備えた古典的なモデルを指します。
V型(V engine)
多気筒を1気筒ごとに交互に角度を付けてV字型に並べたもの。多気筒でも長さが短く出来るのがメリットです。バイク用エンジンではV2、V4がありシリンダーを左右に振り分ける配置の『横置きV』(モトグッチ、GL400等)と前後に振り分ける『縦置きV』(ハーレー、NSR250,RGV250,TZR250,VT250,VFRシリーズ等)が有ります。縦置きVの場合は吸排気の配置が難しいがクランクの回転軸が進行方向に対し直角になるのでミッションや駆動系などがバイクに適したレイアウトとなるようです。
ファミリーバイク(family bike)
女性にも自転車代わりに乗れるように、自転車より少し重い重と、同じような車体サイズにつくられたバイク。クラッチは遠心クラッチを用い、左手側を自転車同様にリアブレーキレバーとし、ニーグリップはなく、フレームは自転車並みのパイプをメインに用いたステッピスルータイプがスタイルの特徴。実技試験のない原付T腫のカテゴリーである為、エンジンはすべて50cc以下。タイヤは10〜14インチ径、太さは2〜2,5インチと細い。最高速度は50km/h程度。82年頃まで盛んに用いられた。
フェード(fade)
ブレーキを繰り返し乱用した時に摩擦面が高温になり摩擦係数が少しずつ低下してブレーキの効きが悪くなる事。ラジオで流れている音楽の音がだんだん小さくなる『フェードアウト』と同じ。
4ストロークエンジン(four−stroke engine)
エンジンのクランクシャフト2回転(4ストローク)に1サイクルが完了するもの。今のところ機構的にもっとも完成されており、大排気量バイク用エンジンとしては主流を占めている。エンジンの回転当たりの爆発回数は2ストロークの半分しかありませんが吸排気ともバルブを用いて確実に吸排気をコントロールするので2サイクルのように未燃焼ガスが排気される割合が非常に少ない。これまでは大型バイクに多く採用されていましたが各2輪メーカーの努力もあり原付バイクも4サイクル化が進んでいます。
フラッター現象(flutter)
ピストンの最上部についているコンプレッションリングはリング固有の拡張率とリング内周面に働くガスの圧力によってシリンダー壁に押し付けられているがリングやシリンダーの磨耗によって圧縮圧力、燃焼圧力がリングの外周面に働く事がある。このような状態では燃焼室の気密が損なわれリングは慣性力、圧縮圧力、燃焼圧力などの複雑な力を受けて上下に振動を起こす。フラッター現象はリングの拡張力が小さいほど、リングの幅が厚いほど、またピストンスピードが速いほど起こりやすい。
フラットスポット(flat spot)
長期間オートバイを同じ場所においておくとタイヤの一部(路面との接地点)が変形し、走行すると車体やハンドルに振動を与える事がある。通常は変形は数分程度で直る事が多い。
ブリティッシュバイク(british bike)
文字どおりイギリス製のバイクのことだが、その響きの中には、英国的伝統のあるバイクのことを言っている。イタリアの場合と同じく、現代のバイクの原型を多く実現したイギリスの伝統をたたえ、熱烈なファンが多い。2気筒エンジンとダブルクレードルフレーム、狭すぎず、肩幅より少し広く背の低いハンドル、落ち着きと重厚さを感じさせるスタイリングがブリティッシュスピリットである。トライアンフ、BSA、ノートンなど。
プレイグニッション(pre ignition)
シリンダー内の燃焼温度が非常に高くなったとき、スパークプラグ電極などの過熱金属面、あるいはカーボンその他の堆積物が熱点となりスパークプラグの放電より前に燃焼が起こる現象のこと。プラグ電極が溶けたり、ピストンヘッドの穴あきの原因になります。プレイグニッション現象が発生する温度は950℃である。
ブレーキペーパーロック(brake vapor lock)
油圧式ブレーキにおいて、局部的にブレーキ液が沸騰現象を起こしパイプライン内に気泡ができてブレーキの効きが悪くなる現象。ブレーキフルードの沸点はその含水率に大きく左右され、含水率が高いフルードの沸点は低くなります。ブレーキオイルの交換は晴れて乾燥した日に作業した方が良いですね!
フロートチャンバー(float chamber)
=フロート室。キャブレター下部のガソリンが溜まっているところ。参考:ミキシングチャンバー
ペントルーフ型燃焼室(pent roof type combustuon chamber)
家の屋根の形をした燃焼室形状の事。ペントルーフ形状にする事によりバルブが平均した角度で対向する。バルブ径もクサビ型より大きくとることが出来高出力が期待できる。燃焼室の容量を小さくして高圧縮化を図る為にピストン頭部にリセスを設けたものも有る。現在のDOHC4バルブの多くの車輌がペントルーフ型燃焼室である。
ベーシカル・トラディショナル・モデル(basical traditional model)
モデルチェンジの激しいバイク業界でも、長期間に渡り飽きることなく乗り続けられるバイクが求められています。派手すぎず地味すぎず、ある程度スポーティーにも乗れて、所有する満足感を満たしてくれるようなバイクの呼称。メーカーから販売されている車輌だけではなく、自分で気に入ったバイクをオリジナリティ溢れる様にカスタムして乗れば、それはベーシカルバイクだ。
ホイールベース(wheelbease)
前後の車輪中心点間(アクスルシャフト)の長さのこと。その数値が長いほうが、乗り心地が良いとされているが、スポーツ走行等時にはクイックなターンを阻害するもので、ロングツアラーでも1500mm台である。ロードレーサーの場合は操縦性を重視してあるのでホイールベースを短めに設定することが多い。
ポケットバイク(pocket bike)
子供専用サイズの超小型バイクで、日本で考案され一部輸出もされている。80年ごろをピークに、現在では少なくなってきているがチビッコにはまだ人気がある。タイヤ径が4インチ、ホイールベースが60cm前後と非常に小さく、完全な子供サイズになっている。エンジンは芝刈り機などの汎用エンジン(2ストローク)を使用している。重量が15〜20kg、保安部品はなく、ロードレーサーをイメージしたスタイルをもち、オフロードタイプも一部にはある。略してポケバイと言う言い方をすることもある。

お電話はこちらから03-6803-1135

オンライン査定はこちらから

今すぐ無料廃車お申し込み

ページTOPへ